作品詳細DETAILS

【新装 加筆修正版】蝶よ花よとそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~
著:はるこ

「【新装 加筆修正版】蝶よ花よとそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~」

信濃千代(しなのちよ)は小さな会社のアラサーOL。お城が名物の、とある地方都市に幼い頃から住んでいる。ある朝、高級車から出てきたアンニュイなスーツのイケメンに、なぜか「姫。お迎えに参りました」と呼びとめられ茫然自失(ぼうぜんじしつ)。平静を装い「結構です…」と断ったものの、アラサーで姫って冗談でしょ…と内心グッタリ。男の名は古賀政永(こがまさなが)。千代の会社を買収した世界的企業のトップだったのだ! 「私はあなたの忠実な家臣です」と手を取る古賀は、町のお城を買い取って(価格3億円!)、 姫として千代をそこへ住まわせようとするのだが……!? 『信濃の千代姫』となった彼女のまわりに、ひと癖ある人物が集まり始め、やがて『城』と『姫』にまつわる秘密が明かされ始める! ※本書は配信中の「「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~」を大幅に加筆、修正したものです。

+続きを読む

「【新装 加筆修正版】蝶よ花よとそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~ 第12巻」

「【新装 加筆修正版】蝶よ花よとそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~12」

最新巻

「【新装 加筆修正版】蝶よ花よとそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~ 第12巻」

 定価:220円(税込)

チャプターCHAPTER

新着単話配信NEW STORY

メニュー
閉じる
セキララWEB 先生へファンレターを送る